Go go paradise  虚仮不実写真日誌

mlstrm 3  &  嵐山「書斎は戦場なり」85点

e0035855_19302595.jpg
e0035855_2122812.jpg
e0035855_2125029.jpg
e0035855_2131357.jpg



嵐山光三郎「書斎は戦場なり 小説:山田美妙」読了。明治初期からの東京の街、文人たちの生活、性格、文壇状況をどっさり織り込みながら早熟の小説家、山田美妙の一生が語られる。尾崎紅葉との幼年からのエピソードから始まり、凄い情報量の作家活動、出版営業活動、作家達の稿料、恋愛沙汰の撹拌具合が絶妙。労作。芭蕉、西行、一葉ものも面白かったけど、この作品は凄いと、頭が下がる。感情移入も半端じゃない。物語から街の活写への脱線具合とか草森紳一をスマートにしたような、伝記小説の大傑作にまた遭遇できた。
by oharax | 2014-09-24 21:30 | Comments(0)